家庭用脱毛器

手軽に脱毛できるので普及している家庭用脱毛器です。

 

でも、あまり最近聞きませんね。それとも脱毛サロンの広告が凄すぎるのかなぁ。

 

脱毛大国のアメリカでも脱毛器は普及しています。

 

日本と違うところは、人種が多様なので肌の色に合わせた脱毛器を選ぶのです。

 

その種類は、6種類もあります。色鉛筆じゃあるまし・・。そんなにあるの?

 

家庭用脱毛器について

 

こんなに!

 

フィッツパトリックスケールと言います。
フィッツパトリックスケールを使用して肌の色を分類するですね。

 

日本人は、何番なんでしょうね。3番くらいかなぁ。

 

アメリカは、脱毛費用が高い!

 

なんで?と思うでしょうけどね大体300ドル位かかります。1箇所ですよ!
全部脱毛したら、1万ドル位かかります!1万ドル、100万円以上ですね。日本より高い・・。

 

直接の医療行為じゃないので高いんでしょうかね。

脱毛器を使ったあとは!

日焼け止めを使用する

治療後2?4週間、直射日光や日焼けブースを避ける必要があります。サンブロックは適用できますが、SPFが高いことを確認してください。治療された皮膚は通常よりも太陽に対してより敏感ですので、通常よりも高いSPFを使用してください。

 

温浴とシャワーを避ける

治療後48時間以上は、シャワーを浴びたり、お湯で入浴しないでください。皮膚に刺激を与えることがあります。同様に、現時点ではジムやサウナを使用しないでください。

 

メイクアップとデオドラントの使用を避ける

脇の下や顔面を処置した場合は、消臭剤や化粧品を使用しないでください。ミネラルをベースにした製品は、絶対に必要な場合に使用することができますが、刺激が発症する場合は、ビタミンEを除去して潤いを与えて、皮膚を鎮静させます。

 

かかない

肌が少しかゆいと感じるのは普通ですが、傷がついていると肌がより傷つきやすく、傷つきやすいので傷をつけないでください。

 

剥離

赤みが軽くなったら、その部分を静かに剥がすことができます。しかし、あまりにも早くこのことをしないことが重要です。通常、治療後少なくとも1?2週間は待つ必要があります。

 

これは、日本と変わらないですね。